J Channel

Link to the future

▶︎

<豪雨>死者105人に、不明87人、警報は解除

2018年7月9日

西日本を中心とした豪雨被害は、9日にかけて広い範囲に拡大した。毎日新聞のまとめでは9日午後0時半現在、13府県で105人が死亡、87人の安否が不明だが、被害の全容は分かっていない。数十年に1度の大雨災害に気象庁が最大級の警戒を呼びかける「大雨特別警報」は6~8日にかけて計11府県に出されたが、前線の活動は次第に弱まり警報は8日午後までに全て解除された。各地で救助活動が続く一方、地盤の緩みなどから今後も土砂災害への厳重な警戒が必要だ。

【写真特集】土砂崩れ、橋脚倒壊…各地で被害

死者数の内訳は、広島43人▽愛媛23人▽岡山22人▽京都4人▽山口3人▽兵庫、福岡、鹿児島各2人--など。安否不明者は、広島48人▽岡山30人▽愛媛3人--などとなっている。

総務省消防庁によると、短期間に死者が100人を超えた豪雨災害は、1983年7月に梅雨前線の影響で島根県を中心に112人が死亡して以来。

1級河川・高梁川の支流の小田川で堤防が決壊し、地区面積の約27%にあたる約12平方キロが水没した岡山県倉敷市真備(まび)町地区では、8日以降住宅などから高齢者ら17人の遺体が見つかった。他にも安否不明者が24人いる。消防や自衛隊が救助活動を続け、9日朝までに約2400人を救出。入院患者や住民ら約300人が取り残された「まび記念病院」では全員が救出された。

町内の浸水量は約2400万立方メートルに上り、国土交通省によると、2015年9月の関東・東北豪雨の際、茨城県常総市で氾濫した鬼怒川の浸水量の約3倍。同省はポンプ車を使った排水作業を始めたが、完了までに半月かかる見込み。

広島県では、多くの家屋や車が土砂に流された広島市安芸区矢野東の梅河(うめごう)団地などで捜索活動が続いた。熊野町では土砂崩れなどで1人が死亡、12人の安否が分かっていない。

四国では愛媛、高知両県に8日未明に大雨特別警報が出された。愛媛県宇和島市吉田町では多数の土砂崩れが起き、小学4年の男児を含む10人の死亡が確認され、1人が安否不明になっている。

北九州市門司区では住宅に土砂が流れ込み安否が不明となっていた夫婦のうち、夫(68)の死亡が8日確認され、9日朝に妻とみられる女性が心肺停止状態で見つかった。鹿児島市でも土砂崩れに巻き込まれた民家付近から高齢夫婦が発見され、死亡が確認された。岐阜県関市では、用水路内で横転した軽ワゴン車内から男性(60)が死亡しているのが見つかった。

総務省消防庁によると、9日午前5時現在、避難指示・勧告は岐阜県から鹿児島県まで17府県に及び、各地の避難所には8日夜現在、少なくとも約2万3000人が避難。また、9日午前6時半現在、31道府県で住宅被害が出ており、全壊が38棟、半壊21棟、床上浸水1930棟などとなっている。【待鳥航志、李英浩、花澤葵】

人気の記事